リスニング教材の決定版! 『deep listening ディープリスニング』 〜深く聴く、何度も聴く〜 ■(財)日本英語検定協会 正規受付窓口 ネットゼミ
HOME お申込み 見本請求 (財)日本英語検定協会 コンセプト&特長 制作の背景 教材内容紹介 ご使用事例 Q & A お問合せメール
ディープリスニング
【学校採用専用リスニング教材】 (財)日本英語検定協会/制作・発行

「Deep Listening ディープリスニング」 制作の背景

 大学入試センター試験で、リスニング試験が導入されて久しくなります。また、国公立大学の個別学力試験や私立大学の入試においても、英語のリスニング問題は多くの大学で出題され、その形式も多岐にわたり、ますます重要性を増しています。 さらに、高校生の多くが受験する(財)日本英語検定協会主催の実用英語技能検定(英検)においては、全ての級においてリスニング問題の配点比重がますます高まっています。 このように、高校生をとりまく学習環境は英語リスニング対策を抜きにして考えることができなくなっています。

 現在、数多くの出版社が「リスニング対策」を謳い、さまざまな問題集を出版しています。 それぞれに工夫を凝らし、学習者のリスニング力を向上させることを意図していることは確かですが、ほとんどの問題集が「評価」や「問題演習」に重きを置き、本格的にリスニング力を向上させることを目的としたものではないようです。 もちろん、高校現場にあってはリスニングに割く時間も限られ、教授法もあまり確立していないため、このような現状があることも十分理解できるものです。

 私たちは、このような現状の中、「できるだけ短い時間で、効率的に聴解力をアップさせるにはディクテーションの手法を使う以外にない」という結論に達しました。 詳しいコンセプトに関しては監修のグレゴリー・クラーク先生の Prefaceにありますが、同じ英文を「何度も聴き、深く理解する」ことこそが、聴解力アップに直結すると考えたのです。 幸い、このコンセプトは高校現場の多くの先生方からご賛同をいただき、高校における数々の実験を経て、一つの形にすることができました。

  ここにお届けするDeep Listeningは、いわば「本物の聴解力を育てたい」「積み上げ式の教材を用いたい」という現場の先生方の声から生まれたものです。 全国の高校の先生方にお使いいただく中で、さらに改良を重ねてまいりたいと思っています。

  Deep Listeningが若い日本人の英語リスニング力向上に寄与し、世界に飛躍しゆく日本人を育てる一助になれることを心から願っています。
                                                    執筆者 荻野 次信


                                   
Copyright © 2005 Net-Semi. All Rights Reserved. http://www.net-semi.com/